営業時間 
月〜土8:30~17:15
(土曜は12:30まで)

文字サイズ
背景色

メニュー

ホーム > 特許技術の免疫療法エイビーバックス®

特許技術の免疫療法エイビーバックス®

エイビーバックス®(ABeVax®)は特許取得のプラットフォーム技術(技術基盤)に裏付けされた、最先端のがん免疫療法です。

患者さまの心身的負担がほとんどありません。
アフェレーシスが不要です。

アフェレーシスとは、樹状細胞の元になる単球を採取するための成分採血です。
樹状細胞ワクチンを作るためには、従来この方法で3~5時間かけて1クールの治療に必要な量を採取していますが、これは患者さまの時間的・心身的負担を伴います。
エイビーバックスは、特許技術により少量の採血による血液で治療することを可能にしました。

単球増殖技術により、
わずか25mlの静脈採血で1回分のワクチンを製造します。

樹状細胞の元になる単球そのものを増殖させる技術を確立しました。
少量の単球を大量に増殖させてから、未熟な樹状細胞に分化させるため、どのような状態の患者さまでも十分な量と質の樹状細胞ワクチンを製造することが可能になりました。

ワクチン1本分ずつ製造するので、凍結保存と解凍の必要がないため、完成した樹状細胞ワクチンの生細胞数は1X107個以上、生細胞率は97%以上のフレッシュなワクチンを提供できます。

がんの種類とステージを問わず、
どなたでも治療が受けられます。
あなたのがん細胞に合わせたワクチンを設計します。

同じ病名、同じステージでも、がん細胞の特徴は一人ひとり異なります。
がん遺伝子の壊れ方やがん細胞の表面に出ているがんの目印(がん抗原/ペプチド)の種類はさまざまなのです。
エイビーバックスは患者さま一人ひとり異なるがん細胞に対応できるノウハウと製造技術で、あなたのがんに最適化したワクチンを設計します。

“多価”ワクチンで、
がん細胞を認識する確率を高めます。

がん細胞は細胞表面に多種類の目印をもっています。樹状細胞ワクチンは、がん細胞の目印をT細胞に伝達し、活性化したT細胞はキラーT細胞となり、がん細胞の目印をめがけて攻撃をしかけます。
しかし、がん細胞は攻撃から逃れるために、その目印を隠し、姿を多様に変化させるのです。
エイビーバックスはがん細胞の多様性に対応するために、WT1、NY-ESO-1、MAGE-A3他、オーバーラップさせたロング・ペプチドを、患者さまのがんに合わせ4種類以上使用して、効力の高い多価樹状細胞ワクチンを作ることに成功しています。

  • 樹状細胞のMHCクラスIとクラスII分子に発現させるペプチドを使用しています。
  • キラーT細胞とヘルパーT細胞が同時に活性化する強力なワクチンです。
  • メモリーT細胞により治療効果が持続するため、がんワクチン治療効果判定基準であるirRCによる判定にも合致します。

NK細胞も同時に増強し、
ハイブリッドでがんを一斉攻撃します。

免疫療法は、自分の体に備わっている”免疫システム”によってがんと闘い、克服を目指す治療法です。
免疫には2通りあります。予防接種のように攻撃対象を記憶させることで得る免疫を「獲得免疫」、異物なら何でも撃退する生来の仕組みを「自然免疫」と言います。
この2つの免疫をハイブリッドで同時に行うことで、相乗効果により強力な治療効果を期待できます。

エイビーバックスは、わずか25mlの静脈採血から多価樹状細胞ワクチン(獲得免疫)と、活性NK細胞(自然免疫)を製造する特許技術により、患者さまに負担をかけることなく「ハイブリッド免疫療法」を提供することを可能にしました。

副作用はほとんどありません。
進行がん、転移、再発、末期がんと診断された患者さまにも
効果が期待できる治療法です。

エイビーバックスは正常細胞を攻撃せず、がん細胞だけを狙い撃ちする治療法です。
患者さまご自身の免疫力によってがん細胞を分子レベルで攻撃するため、副作用はほとんどなく、QOL(生活の質)を維持したまま治療を続けることが可能です。

まれに強い免疫反応により37℃~38℃の発熱が起こることがありますが、一晩程でおさまります。

効果と概念実証済みです。

エイビーバックスによる治療を受けた患者さまのT細胞が、理論通りにご本人のがん細胞に発現しているペプチド(がんの目印)を標的に攻撃していることを、エリスポット法で解析しています。

提供している免疫療法

  • エイビーバックス®-多価樹状細胞ワクチン
  • エイビーバックス®-ハイブリッド免疫療法
  • エイビーバックス®-コンビネーション療法
  • 活性NK細胞療法
  • 活性NK/NKT/ɤδT細胞療法
  • 免疫アジュバント

保有する特許技術

日本特許第4275680号
登録日:平成21年(2009年)3月13日
リンパ球の活性・増殖に係る培養方法
日本特許第5577472号
登録日:平成26年(2014年)7月11日
単球増殖剤、単球増殖用培地、単球の製造方法、樹状細胞の製造方法、及び樹状細胞ワクチンの製造方法
日本特許第5856025号
登録日:平成27年(2015年)12月18日
単球またはNK細胞を入手する方法
日本特許第5856029号
登録日:平成27年(2015年)12月18日
間葉系幹細胞を未分化増殖させる方法、および間葉系幹細胞を濃縮する方法
米国特許 US 9303247 B2
登録日:平成28年(2016年)4月5日
PROLIFERATING AGENT FOR MONOCYTE, CULTURE MEDIUM FOR PROLIFERATING MONOCYTE, METHOD FOR PRODUCING MONOCYTE, METHOD FOR PRODUCING DENDRITIC CELL, AND METHOD FOR PRODUCING DENDRITIC CELL VACCINE
日本特許第5997296号
登録日:平成28年(2016年)9月2日
免疫細胞含有組成物の製造方法及び癌治療用組成物
欧州特許 EP 2749639 B1
登録日:平成28年(2016年)10月12日
PROLIFERATING AGENT FOR MONOCYTE, CULTURE MEDIUM FOR PROLIFERATING MONOCYTE, METHOD FOR PRODUCING MONOCYTE, METHOD FOR PRODUCING DENDRITIC CELL, AND METHOD FOR PRODUCING DENDRITIC CELL VACCINE
韓国特許第10-1680164号
登録日:平成28年(2016年)11月22日
PROLIFERATING AGENT FOR MONOCYTE, CULTURE MEDIUM FOR PROLIFERATING MONOCYTE, METHOD FOR PRODUCING MONOCYTE, METHOD FOR PRODUCING DENDRITIC CELL, AND METHOD FOR PRODUCING DENDRITIC CELL VACCINE
シンガポール特許SG11201404570W
登録日:平成29年(2017年)2月16日
PROLIFERATING AGENT FOR MONOCYTE, CULTURE MEDIUM FOR PROLIFERATING MONOCYTE, METHOD FOR PRODUCING MONOCYTE, METHOD FOR PRODUCING DENDRITIC CELL, AND METHOD FOR PRODUCING DENDRITIC CELL VACCINE