営業時間 
月〜土8:30~17:15
(土曜は12:30まで)

文字サイズ
背景色

メニュー

ホーム > 当院理事長 阿部博幸のメディア・著作実績 > メディア掲載 > 夕刊フジ『健活手帖』2018年2月20日号に理事長 阿部博幸の取材記事が掲載されました。

夕刊フジ『健活手帖』2018年2月20日号に理事長 阿部博幸の取材記事が掲載されました。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『健活手帖』(夕刊フジ)
2018年2月20日号
~「第四のがん治療」免疫療法に熱視線~
 

夕刊フジ特別版の健活手帖に、理事長の阿部博幸先生の取材記事が掲載されました。

免疫チェックポイント阻害剤の登場で「免疫療法」という言葉が広く知られるようになりました。
免疫療法と一口にいってもいろいろな治療法があり、それぞれ作用する仕組みも異なります。
それぞれに利点があり、現在はさまざまな免疫療法を組合せたり、標準治療との一緒に行う
コンビネーション療法という考えが一般的になってきています。

当院ではエイビーバックス(ABeVax)という、特許技術による多価樹状細胞ワクチンを提供しています。
エイビーバックスは、体に備わるがん細胞を排除する仕組みを強化することで、がんを効率的に治療しようというものです。
薬剤ではなく、患者様自身の細胞を使用して一人ひとりのがん細胞に合わせて製造します。
出来上がったワクチンを体内に投与すると自然な形で免疫機構が働き、がん細胞を攻撃するようT細胞が活性化していきます。

それ故、副作用はほとんどないがん治療となっています。

この画期的なワクチンの製造に成功したのを機に、一般的な樹状細胞ワクチンと一線を画すために、
エイビーバックス®(ABeVax®)と名付け商標登録しています。

樹状細胞の元となる単球という細胞を未分化のまま大量に増殖させる技術があるので、
わずか25mlの採血で1本分のワクチンを製造できます。
また、単球を取り除いた残りの血液からNK細胞を取り出し、大量に増殖・活性化する技術もあるので
25mlの採血から獲得免疫を活性化する多価樹状細胞ワクチンと、
自然免疫を活性化する活性NK細胞療法を同時に受けられるため、効率よくがん細胞を攻撃することができます。

無料で医療相談を行っておりますので、お気軽にお問合せください。

■アベ・腫瘍内科・クリニック
[受付] 月~金 8:30 – 17:15 / 土 8:30 – 12:30
[Tel] 0120-660-075
[ウエブサイトから] 無料相談予約