『週間文春』3月31日号に取材記事が掲載されました。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

週間文春 (文藝春秋)
2016年3月31日号
~寒暖差で自律神経が不調に~
春バテにご用心

 

春バテについて理事長の阿部博幸医師が取材を受けました。

春は気候の変動が激しいため、自律神経の働きが乱れたり、

寒かった冬からカラダも温かい気温に順応するように生まれ変わろうとするため

体調が崩れやすくなると言われています。

 

阿部の他にも著名な先生が、春バテ対策についてさまざまなアドバイスをされていました。

 

■カラダを温めること

”ぬるめのお湯でゆっくり入浴”

”マフラーなど、重ね着の工夫”

 

■セロトニンの分泌を活性化させること

”朝の太陽をたっぷり浴びる”

”ウォーキングやスクワット、腹式呼吸”

”セロトニンの材料になるトリプトファンを含む食材の摂取”

 

などが紹介されていました。

季節の変わり目、皆様もご自愛ください。

東京 九段下 免疫細胞療法によるがん治療
免疫療法のアベ・腫瘍内科・クリニック
acctokyo.com


〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1丁目3-2 曙杉館ビル9階
TEL:0120-660-075