免疫療法でのがん治療ならアベ・腫瘍内科・クリニックの癌治療メディア・著作実績メディア掲載『週間ダイヤモンド』6/10号に理事長の阿部博幸の取材記事が掲載されました。

『週間ダイヤモンド』6/10号に理事長の阿部博幸の取材記事が掲載されました。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

『週間ダイヤモンド』(ダイヤモンド社)
2017年6月10日号
がんの早期診断と先端治療
~がんの予防から予測と先制へ 次のステージを開く新免疫療法~

 

検査画像からがん診断を支援するAIの開発や、線虫を使ったがん診断の開発など、ユニークながん診断が話題になっています。なかでも血液や体液などのごくわずかなサンプルから、がんの診断などを行うリキッド・バイオプシーは、がんの超早期診断を可能にするため、がんの予防や再発防止の管理に役立てることが期待されています。
 
未病段階でがんと診断された場合、生活習慣の見直しなど予防に努めるほか、積極的に行える先制医療としては免疫細胞療法があげられます。多価樹状細胞ワクチンは、がん細胞を分子レベルで攻撃するため、画像にはまだ映らないがんや血中を循環するがん細胞を標的にすることができます。

超早期にがんを発見し、予防や再発防止に免疫細胞療法を活用する時代になりました。

詳しくは、『週間ダイヤモンド』を是非ご一読ください。
Amazon.co.jpへ

東京 九段下 免疫細胞療法によるがん治療
免疫療法のアベ・腫瘍内科・クリニック
acctokyo.com


〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1丁目3-2 曙杉館ビル9階
TEL:0120-660-075