営業時間 
月〜土8:30~17:15
(土曜は12:30まで)

文字サイズ
背景色

メニュー

ホーム > 当院理事長 阿部博幸のメディア・著作実績 > メディア掲載 > 『週間文春』新年特大号にエイビーバックスが紹介されました。

『週間文春』新年特大号にエイビーバックスが紹介されました。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『週間文春』(文藝春秋)
2016年12月28日発売 新年特大号
がん医療最前線 転移・再発防止にも期待! がん治療用ワクチン
~がんを治してその後の人生をよりよく生きる~

 

転移や再発予防にも効果が期待できるがん治療として、週間文春にエイビーバックスを取り上げていただきました。

エイビーバックスは体に備わる免疫機構に着目したがん治療用ワクチンです。

私たちの体は2つの免疫系の働きによって病気から守られています。1つは体を常にパトロールして、異物を見つけるとすぐに攻撃を仕掛ける「自然免疫」。もう一つは後天的に得るもので、免疫の司令塔による指令によって特定の異物だけを狙い撃つ「獲得免疫」です。

自然免疫を利用した治療がNK細胞療法で、獲得免疫を利用した治療が多価樹状細胞ワクチンのエイビーバックスです。それぞれ攻撃方法が異なるため、どちらか一方の治療ではがん細胞を取りこぼす可能性が考えられます。

エイビーバックスの特許技術基盤は、通常の静脈採血によるわずか25mlの血液から、エイビーバックス(獲得免疫)とNK細胞(自然免疫)によるがん治療をハイブリッドで行うことを可能にしました。

自分の血液から細胞を培養して作るため、副作用はほとんどありません。
また、分子レベルでがん細胞を攻撃するため、画像には映らないがんや、血液を循環している循環がん細胞にも効果が期待できるため、転移や再発予防にも期待できるがん治療と考えられています。

詳しくは『週間文春』の誌面に紹介されていますので、是非ご一読ください。

Amazon.co.jpへ