営業時間 
月〜土8:30~17:15
(土曜は12:30まで)

文字サイズ
背景色

メニュー

ホーム > ブログ > がん治療 > がん治療は抗がん剤治療だけではない?今後の治療方法について

がん治療は抗がん剤治療だけではない?今後の治療方法について

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

がんの治療は何を基準に行われる?高齢者に対しての抗がん剤治療効果が話題

国立がんセンターによる「高齢者へのがん医療」の効果についての調査発表が、今話題になりました。
その調査結果は高齢のがん患者さんへの治療のあり方について考えさせられるものでした。
現在のがん治療は何を基準に行われているのか、そして高齢のがん患者さんの治療のあり方について考えてみましょう。

抗がん剤治療の効果とその他の選択肢

高齢のがん患者さんに抗がん剤は効果なし?

国立がんセンターでは2007年~2008年の期間で、70歳以上の高齢がん患者、1,500人を対象にデータ抽出をしました。
抗がん剤による治療を中心に行った場合と、抗がん剤は使用せずに緩和治療を行った場合の生存期間について比較を行いました。

その結果、臨床的、統計的に意味のある結果を得ることが出来なかったとのことです。
つまり、高齢のがん患者に対する「抗がん剤治療に延命効果が少ない可能性がある」ことを示すものでした。
今回の研究調査では比較検討するデータ数が少ないなど、十分な検討がなされた調査結果とは言えないものの、今後のがん治療のあり方に一石を投じたことは間違いありません。

一般的にがんと診断されれば、がんセンターや大学病院で治療を受けます。
そこで受ける治療は手術、抗がん剤、放射線治療の標準治療と呼ばれているものです。

標準治療は大規模な臨床試験などの結果をもとに、“がん細胞を取り除く治療”として、その有効性や安全性が国に認められた、健康保険が適応となる治療です。
なおかつ、どこの病院へいっても同じ治療が受けられるように、がんの種類やステージによって治療方針が定められていて、それに基づいた治療計画(プロトコール)のもとで治療が行われます。
つまり、同じ病名の患者さんにはほぼ同じ治療がほどこされるのです。
がんをいかにやっつけるかに焦点が置かれているため、治療方針は残念ながら年齢に配慮したものにはなっていないのです。

積極的な治療だけが、がん治療とは言えない?

今回の研究結果を受けて、高齢のがん患者さんにおいては、積極的にがんと戦うだけではなく、患者さんの状態や希望によっては、苦痛を取り除くなどQOL(生活の質)を上げる緩和治療で、がんと共存するという方法も、がん治療の一つの選択肢ではないかという考え方が広がってきています。
あわせて、積極的な治療で必要となる医療費の拡大も懸念されています。
今後は病名やステージによって誰もが同じ治療ということではなく、その人の年齢、性別、ライフステージ、死生観、ライフスタイルなどを考慮し、どのような治療を選択すべきか、ということが求められる時代になってくることが予想されます。この考えは私どもが長年提唱している個別化医療という考えにつながります。

抗がん剤以外にできる治療は?

がんに対して、手術や抗がん剤、放射線治療以外に、エイビーバックス-多価樹状細胞ワクチンが注目されています。
エイビーバックス-多価樹状細胞ワクチンは、免疫の指令塔である「樹状細胞」を利用し、体に備わるがん細胞を攻撃する仕組みを活性化する治療です。
がん細胞にのみ集中攻撃をすることを可能にしたワクチンなので、正常細胞への影響がなく、副作用や身体的な負担もほとんどないため、高齢の患者さんのがん治療の選択肢として期待されています。

エイビーバックス-多価樹状細胞ワクチンによる治療は、25mlの血液から2週間かけて細胞培養・ワクチン製造を行い、出来上ったワクチンを皮内注射で投与します。この工程を2週間に1回、合計6回繰り返します。

今後の高齢者に対してのがん治療のあり方

厚生労働省は、高齢のがん患者を治療するための指針(ガイドライン)の作成を進めています。年齢や症状、本人の希望も考慮されるガイドラインが出来上がることを期待します。また、これを機に個別化医療という考えが日本の医療に広く浸透し、誰もがその人にとって最適な医療を受けられるようになることを願っています。
緩和治療という選択肢に加え、エイビーバックス-多価樹状細胞ワクチンなどの新たな治療法も開発されています。今後の高齢のがん患者の治療がどのような方向性になるのか、その動向に注目していきましょう。