営業時間 
月〜土8:30~17:15
(土曜は12:30まで)

文字サイズ
背景色

メニュー

ホーム > がん患者のご家族様

がん患者のご家族様

どんな段階でも前向きな治療の道があります。ご家族の精神面・生活面のサポートが、治療の力になります。

がんは特別な病ではないと知ってください。

がんは、ある日突然発病するものではなく、不治の病でもありません。
子宮頸がんのようにウイルスが原因で発症するがんもありますが、ほとんどのがんは糖尿病や高血圧症と同じ、「生活習慣病」の一つと考えられます。実際、喫煙、過度飲酒、脂肪分の多い食事、運動不足といった生活習慣を見直すことで、がんのリスクを軽減することが、多くの研究報告により明らかになっています。
若い時は、ある程度不摂生な生活を送っていても、生まれながらにして備わっている免疫システムが働き、がんになる前に異常細胞を殺傷してしまいます。しかし、免疫力は20〜30才をピークに加齢とともに衰えていくので、がん発症のリスクも高まるのです。
がんは特別な病気ではなく、生活習慣病であり、免疫力の衰えにより発症するものであることを知ってください。

選択肢を広げることで可能性が広がります。

はじめてがんと診断された方はもちろん、末期がん・進行がんと診断された方でも、選択の枠を広げれば前向きな治療の道があります。
がんの治療法は世界中で研究されており、すでに日本でも「がん免疫細胞療法」のような先進的な医療が標準治療の限界を補い、多くの治療成績を上げています。

ご家族からのご相談を承ります。初回ご相談は無料です。

当クリニックでは無料の医療相談やセカンドオピニオン外来を行っています。
ご本人の外出が難しい場合などは、患者さまご本人でなくともご相談を承ります。
患者さまの詳しい状況がわかる資料やメモなどをご用意いただければ、より具体的にお話しや情報提供をすることができます。

無料相談の予約はこちら

前向きな治療に向けて──。

ご家族の励ましは、治癒に導く大きな力です。

サイコオンコロジーという精神腫瘍学分野の研究で、患者の心理状態と生存率の研究を行ったところ、絶望した人、あきらめた人、否定をした人、そして前向きな気持ちでいた人では生存率にとても大きな差がありました。
患者さまが前向きで楽観的にいられるための、家族の精神的な支えは治癒に導く大きな力となります。
深刻になる必要はありません。
また、あれはダメ、これはダメと患者さまの考えや行動を否定するのも良くありません。
出来るだけ本人の気持ちを尊重し、よほど困ったときには主治医に相談してください。
常に笑顔で家族だんらんが大切です。
ドクターも一緒に家族の気持ちになって応援している事を忘れないでください。

栄養の管理は、がんと闘える体をつくります。

がんが治る人は栄養を上手にきちんと摂っています。
栄養状態が悪かったり、食事が摂れない人は、治療効果を思うように得ることができません。
食欲がない時の栄養の摂り方を工夫することが大切です。脂身の少ない良質なタンパク質は細胞を作るアミノ酸として必要です。
旬の野菜や果物含まれるビタミンやミネラル、食物繊維も心身の正常な機能を引き出すのに必要です。
一食の食事ですべてを摂るのはたいへんなので、1週間位を目安に様々な食材を少しずつ、万遍なく摂るように心掛けましょう。
がん患者さまのための食事は、家族の生活習慣病予防の食事にもなります。