免疫療法でのがん治療ならアベ・腫瘍内科・クリニックの癌治療お知らせ樹状細胞ワクチン製造に関わる一連の技術が、中国で特許成立

樹状細胞ワクチン製造に関わる一連の技術が、中国で特許成立

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

日本、米国、欧州(イギリス・フランス・ドイツ)、韓国、シンガポール、台湾に続き、この度中国でも樹状細胞ワクチン製造に関わる一連の技術について特許が成立いたしました。特許証が手元に届きましたのでお知らせいたします。

樹状細胞ワクチン製造法を一から見直した結果、画期的な技術が生まれました。その一つに単球未分化増殖技術があります。この技術のお陰で、2~5時間かけてアフェレーシス(成分採血)をすることなく、通常の静脈採血によるわずか25mlの血液で1回分の樹状細胞ワクチンの製造が可能になりました。

今後もより良い治療の開発に取り組んで参ります。

中国特許:ZL 2013 8 0001273.1
登録日:2018年11月23日
発明の名称:単球増殖剤、単球増殖用培地、単球の製造方法、樹状細胞の製造方法、及び樹状細胞ワクチンの製造方法

東京 九段下 免疫細胞療法によるがん治療
免疫療法のアベ・腫瘍内科・クリニック
acctokyo.com


〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1丁目3-2 曙杉館ビル9階
TEL:0120-660-075