免疫療法でのがん治療ならアベ・腫瘍内科・クリニックの癌治療お知らせ単球またはNK細胞を入手する方法の技術が、米国で特許成立

単球またはNK細胞を入手する方法の技術が、米国で特許成立

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

免疫細胞療法にとって十分な数のNK細胞及び単球を、少量の末梢血から得ることを可能にした技術が、日本・韓国に続き、この度米国で特許が成立いたしました。特許証が手元に届きましたのでお知らせいたします。

免疫細胞療法の一種である、NK細胞療法や単球由来の樹状細胞ワクチンは、近年、多くの医療機関において実施されています。獲得免疫を利用する樹状細胞ワクチンと自然免疫を利用するNK細胞療法は、がん細胞の多様性という観点から併用療法として適用される場合が多くあります。

併用療法の場合、従来は樹状細胞ワクチン用の単球はアフェレーシス(成分採血)によって採取され、NK細胞は末梢血から採取し培養されます。従って、併用療法を行うには一般的に2回の採血が必要となります。

本発明は、わずか25mlの末梢血から、免疫細胞療法にとって十分な量の単球由来樹状細胞およびNK細胞を得ることができる技術です。患者さまの身体的負担を軽減しつつ、併用療法に有用な免疫細胞を提供することが可能となります。

米国特許:10,113,148
登録日:2018年10月30日
発明の名称:単球またはNK細胞を入手する方法

東京 九段下 免疫細胞療法によるがん治療
免疫療法のアベ・腫瘍内科・クリニック
acctokyo.com


〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1丁目3-2 曙杉館ビル9階
TEL:0120-660-075