営業時間 
月〜土8:30~17:15
(土曜は12:30まで)

文字サイズ
背景色

メニュー

ホーム > アベ・腫瘍内科・クリニックが選ばれる5つの理由 > 患者さまをサポートする医療 > 漢方薬による治療

漢方薬による治療

体内の治癒力、免疫システムの向上、食欲促進、
ホメオスタシス(生体恒常性)の維持に、漢方薬は重要な位置を占めています

2000年来伝承されている漢方薬は、患者さま一人ひとりの病気の状態や体質を診て、漢方医学に基づき複数の生薬を組み合わせて作られます。各々の生薬に多くの有効成分を含んでいるため、さまざまな症状に対する治療に効果的です。
漢方薬と一口に言っても、形状から処方、品質に至るまでさまざまな種類があります。がんの治療においては、医師により処方された漢方煎液が有効です。
食欲不振で痩せている人、他の治療で効果が上がらない人、炎症のある人に漢方薬はとても適合します。

高麗人参の中で最も貴重とされる紅参の、優れた抗がん作用

紅参には紅参特有成分であるジンセノサイドRh2が含まれています。この成分はがんの増殖を抑え転移を防ぎます。
また、がん毒素トキソホルモンLによる脂肪分解作用を抑制し、悪液質の改善を助けます。

腫瘍増殖抑制と脂肪分解作用抑制の他に、サポニン、ビタミン、ミネラルなど有効成分をバランスよく含む紅参には、免疫の強化、血流の改善、ホメオスタシスの活性化を促し、術後の回復を助けます。

紅参のみを煎じた“独参湯(どくじんとう)

独参湯の処方に用いるのは、伝統的な高麗人参の栽培技術を生かし、種から一貫管理して生産、収穫した6年根の最高品質の高麗人参です。この高麗人参の不要な部分を取り除き、水洗いして天日干しをした後、蒸して再び天日干しをします。高麗人参はこうした工程を経て薬効成分の高い紅参となるのです。

紅参の胴体部分のみを薄くスライスして最終検品を行い、厳選された最高品質の紅参を熟練の煎じ技術で煎じることで、大変飲みやすくて美味しい高麗人参(紅参)100%の漢方煎液を、皆様にお届けすることができるのです。
ご自宅で長時間かけて煎じる必要がありません。

調剤は50年の経験に裏打ちされた信頼と技術の「御幸の漢方」と、業務提携をして行っております。
独参湯の他に、次の処方もがん治療を側面から支えるものとしてその有効性が報告されています。処方薬としてお出しすることができますので、お気軽にご相談ください。

■十全大補湯(じゅうぜんたいほとう):基礎体力と免疫低下を補います。
■六君子湯(りっくんしとう):食欲不振や悪液質の改善を助けます。
■補中益気湯(ほちゅうえっきとう):胃腸の働きを高め全身倦怠感の改善と体力を補います。