営業時間 
月〜土8:30~17:15
(土曜は12:30まで)

文字サイズ
背景色

メニュー

ホーム > がん治療案内 > 免疫療法後治療(免疫アジュバント)

免疫療法後治療(免疫アジュバント)

免疫療法の終了後貴方の向上した免疫システムを維持・増強をするための後治療として

アジュバント(adjuvant) ― ラテン語で「助ける」を意味します。

エイビーバックス(多価樹状細胞ワクチン)や活性NK/NKT/γδT細胞療法などの免疫療法で、短期間に一斉にがん細胞を攻撃した後に、免疫アジュバントを定期的に投与することで、体内の向上した免疫システムをゆっくりサポートいたします。
これが画期的な免疫療法後治療です。

アベ・腫瘍内科・クリニックで使用する免疫アジュバントは、がん細胞およびがん幹細胞に発現するWT1注1)やMUC1という重要な人工抗原と、免疫細胞増殖因子を用いて開発されたものです。
免疫アジュバントを投与することで、投与した部位に樹状細胞や未熟な樹状細胞、そして樹状細胞のもとになる単球を呼び寄せて、成熟を促進したり、成熟した樹状細胞に人工抗原のWT1とMUC1を取り込むように作用します。
当院の免疫アジュバントは注射部位に約1ヶ月間とどまって、徐々に抗原を放出するように設計されているため、副作用はなく体に負担がありません。

ゆっくり放出され樹状細胞に取り込まれたWT1とMUC1は、がんを殺傷するキラーT細胞に抗原提示され、免疫細胞を活性化し、がん細胞攻撃能を徐々に発揮していきます。

注1)従来使用されているWT1は、WT1タンパクの一部の9個のアミノ酸からなる「WT1ペプチド」という断片です。
しかしアベ・腫瘍内科・クリニックで使用しているWT1は、ヒトWT1タンパク質の全配列をカバーする新しいWT1を使用しています。