多価樹状細胞ワクチン

※アフェレーシスがいらいない、「樹状細胞ワクチン製造に関わる一連の技術」が、特許を取得いたしました。

多価樹状細胞ワクチンはがん細胞のみを集中攻撃する治療法です

樹状細胞とは、体内に存在する、いわば免疫の司令塔です。
多価樹状細胞ワクチンは、樹状細胞が持つ優れた「抗原(がんの目印)提示能力」を活用した免疫療法です。樹状細胞は、体内でがん細胞を攻撃する「T 細胞」という免疫細胞に、攻撃の標的となる目印の情報を与える役割を担います。
目印の情報を受け取ったT 細胞(CTL:細胞傷害性Tリンパ球)は、この目印を持つがん細胞だけを標的として、集中的に攻撃します。
正常細胞は攻撃しないので副作用がほとんどなく、身体への負担も少ないため、ステージの進行したがんでも治療が可能です。
また分子レベルでがん細胞を見極めて攻撃するため、外科的な除去が難しい浸潤性のがんや、発見されにくい微細ながんにも効果が期待できます。

治療の流れ

通院での治療が可能です。
2週間ごとに少量の採血と、ワクチンの皮内注射を受けていただきます。

アベ・腫瘍内科・クリニックでは、1回ごとに患者さまの血液を25ml採取し、単球という細胞を分離し、増殖させてから大量の樹状細胞を培養していきます。
そこに、患者さまご自身のがん組織や人工抗原(長鎖ペプチド)でがん抗原を取り込ませ培養していくことで、多価樹状細胞ワクチンを完成させます。
それをがん患部に関連したリンパ節近くに皮内注射して、キラーT細胞に加え、ヘルパーT細胞にがんの目印の情報を伝え、がん細胞を攻撃させます。
1クールの治療期間は3ヶ月となり、患者さまは2週間毎に採血とワクチン投与を6回(※)受けていただきます。

※活性NK細胞療法を併用される場合は、5回の投与で1クールとなります。

単球を未分化のまま大量に増殖させる特許技術で、わずかな採血量から治療に十分な量の樹状細胞ワクチンを製造します。

治療の特長

アフェレーシスが不要です。
特許第5577472号

アフェレーシスとは、樹状細胞の元になる単球を採取するための成分採血です。
樹状細胞ワクチンを作るためには、この方法で2~3時間かけて1クールの治療に必要な量を採取していました。しかしこれは患者さまの時間的・心身的負担を伴うものでした。アベ・腫瘍内科・クリニックでは新たな技術を確立し、通常の静脈からの少量の採血で治療することを可能にしました。

  • アフェレーシスにかかる時間と、患者さまの心身的負担がなくなりました。
  • 1回わずか25mlの静脈採血で、1本分のワクチンを作ります。
  • 1回分ずつワクチンを製造できるので、凍結解凍の必要がなく鮮度の高いワクチンを投与できます。
少量の単球から大量の樹状細胞を培養します。
特許第5577472号

アフェレーシスによる樹状細胞ワクチン製造法は、採取した単球をそのまま樹状細胞へと分化させます。
患者さまの状態によっては単球の数を十分確保することが出来ないこともあり、必然的にワクチンの質や量に影響します。
当院では単球そのものを未分化のまま大量に増殖させる特許技術により、どのような状態の患者さまでも十分な量と質の樹状細胞ワクチンを製造できるようになりました。

4種類以上の長鎖ペプチドを使った多価樹状細胞ワクチンです。
特許第5577472号

がん細胞は多種類の目印を持っています。
しかし免疫機構の監視から逃れるために、目印を隠すこともあります。
樹状細胞ワクチンが提示するするがんの目印(ペプチド)が多い方が、がん細胞を認識する確率が高まり、ワクチンが効果的に働くことが臨床研究でも確認されています。
WT1、NY-ESO-1など長鎖化したペプチドで効力の高い樹状細胞ワクチンを作ることに成功しています。

  • 樹状細胞のMHCクラスIとクラスII分子上に提示させる長鎖ペプチドを使用します。
  • つまり、キラーT細胞とヘルパーT細胞を同時に活性化するので、強力なワクチンになるのです。
  • メモリーT細胞により治療効果が持続するため、がんワクチン治療効果判定基準であるirRCによる判定にも合致します。
  • 保有する樹状細胞ワクチンの製造技術(特許取得済み)により、抗原提示能の高い樹状細胞ワクチンを提供しています。
Treg(制御性T細胞)を抑制する治療を併用します。

私たちの体に備わっている免疫機構は、体に侵入したウイルスやがん細胞などを異物として認識し排除するという免疫反応の他に、過剰な免疫応答を抑制しようとする機能も備わっています。
がん細胞はIL-10、IL-4、TGF-βなどの免疫制御性サイトカインを出すことで、制御性T細胞を増やしてがん細胞を攻撃する免疫細胞の働きを抑えようとします。
そこでアベ・腫瘍内科・クリニックでは、多価樹状細胞ワクチンの効果を増強するために、メトロノーム療法を併用しています。

副作用

患者さま自身の免疫細胞と免疫システムを利用するため、副作用はほとんどありません。
これまで、CTCAE v4.0によるGrade 3以上の重篤な副作用が起こったケースはありません。ごく稀に、投与後数時間内に強い免疫反応により、悪寒や37~38度の発熱や注射部位が赤く腫れることがありますが、一晩ほどで治まります。

治療費

多価樹状細胞ワクチン(単独)

(税込)

初診料 サービスにより無料

血液検査(初回)

HLAタイピング

初期検査(感染症、腫瘍マーカー検査)

 

21,600円

16,200円

多価樹状細胞ワクチン

※ペプチド4種類まで含む

410,400円(1回投)

※1クール(6回投与)2,462,400円

ペプチドの追加  27,000円/種類
ハイブリッド免疫療法(多価樹状細胞ワクチンと活性NK細胞療法の併用)

(税込)

初診料 サービスにより無料

血液検査(初回)

HLAタイピング

初期検査(感染症、腫瘍マーカー検査)

 

21,600円

16,200円

ハイブリッド免疫療法

※ペプチド4種類まで含む

540,000円(1回投与)

※1クール(5回投与)2,700,000円

ペプチドの追加 27,000円/種類
マルチ・ハイブリッド免疫療法(多価樹状細胞ワクチンと活性NK/NKT/γδT細胞療法の併用)

(税込)

初診料 サービスにより無料

血液検査(初回)

HLAタイピング

初期検査(感染症、腫瘍マーカー検査)

 

21,600円

16,200円

マルチ・ハイブリッド免疫療法

※ペプチド4種類まで含む

594,000円(1回投与)

※1クール(5回投与)2,970,000円

ペプチドの追加 27,000円/種類

※健康保険適用外の診療のため、全額自己負担となります。

※価格は技術の進展とともに、予告なく変更する場合がありますことを、予めご了承ください。

培養施設と支援体制

細胞の培養は外界との接触を一切遮断した、高度な無菌状態の細胞培養施設CPC(Cell Processing Center)で行っています。
アベ・腫瘍内科・クリニックが使用している培養施設の無菌レベルは、製薬メーカーのクリーンルームに匹敵するほど高度な状態を保ち、製作するアイソレーターの中はグレードA(クラス100)のクリーン度です。
患者さまの大切な免疫細胞に細菌やウイルスが感染しないよう万全の体制の元で培養を行っています。
また、細胞培養工程はコンピュータシステムで管理し、人為的なミスが起こらないようなシステムを構築しています。
また、最先端の細胞治療支援体制を整え、エビデンスに基づいた治療を提供しています。