営業時間 
月〜土8:30~17:15
(土曜は12:30まで)

文字サイズ
背景色

メニュー

ホーム > 腫瘍温熱療法(オンコ・ハイパーサーミア)

腫瘍温熱療法(オンコ・ハイパーサーミア)

がん細胞をアポトーシスに導く、オンコ・ハイパーサーミア。

温熱療法とは、全身もしくは局所に温熱を与えて、体全体の免疫力を高めたり、局所的にがんの活動を弱らせたりすることを目的に行う治療法です。
全身に温熱を与える全身温熱では体全体の免疫活性を高めようとする方法です。熱で直接がん細胞を死滅させるものではなく、熱の効果で免疫細胞の働きが高まることを期待するもので、がん治療の補助療法という位置づけです。

一方、局所深部へ集中的に熱エネルギーを与える局所温熱では、その熱エネルギーで直接がん細胞を弱らせアポトーシスに導こうとするものです。

オンコ・ハイパーサーミア(局所温熱)

オンコ・ハイパーサーミアでは非電離放射線よる高周波(ラジオ波)を利用する方法がヨーロッパを中心に広く行われています。局所深部にエネルギーを送ることでジュール熱を発生させ、がん細胞をアポトーシスに導きます。ジュール熱とは、電流が流れるとき途中に抵抗(この場合はがん)があると発生する熱です。
がん細胞は活発に働いているため、健康組織に比べてイオン濃度が非常に高い状態にあり、導電率が高くなっています。従って、熱エネルギーを加えることで、必然的にがん細胞周辺に電流が集まっていき、ジュール熱が発生しやすくなるのです。がん細胞は42~43℃で死滅すると言われていますが、温度は1つの指標に過ぎません。それよりも患部がどれだけ熱エネルギーを吸収したかという「熱量」が、治療の重要な指標になります。

体内を過熱するとヒートショック蛋白によりがん抗原ががん細胞の表面に出るため、がん抗原を特異的に攻撃する免疫細胞療法と併用することで、相乗効果が期待できます。また、熱エネルギーを加えることでがん細胞の内部が変化し弱くなるため、化学療法や放射線療法との相性がいいことも知られています。
がんの種類や症状により、オンコ・ハイパーサーミアを単独で行ったり、標準治療や免疫細胞療法と組み合わせて治療するなど、がん治療の選択肢の一つと言えます。

ただし、腹水や胸水など水が溜まっている、患部付近に金属類の埋め込みがある、妊娠している場合はこの治療は受けられません。