営業時間 
月〜土8:30~17:15
(土曜は12:30まで)

文字サイズ
背景色

メニュー

ホーム > 腫瘍温熱療法(オンコ・ハイパーサーミア)

腫瘍温熱療法(オンコ・ハイパーサーミア)

がん細胞を特異的に死滅させる、オンコ・ハイパーサーミア。

温熱療法とは、全身もしくは局所に温熱を与えて、体全体の免疫力を高めたり、局所的にがんの活動を弱らせたりすることを目的に行う治療法です。
全身に温熱を与える全身温熱では体全体の免疫力が高まり、局所深部へ集中的に熱エネルギーを与える局所温熱では、がんを弱らせ死滅させる効果が期待できます。

HY-DEEP 600 WM(局所温熱)

がん治療専用に開発された最先端の温熱装置。
コンピュータ制御された安全なシステムでがん細胞のアポトーシスを確実に誘導します。

がん治療専用に開発された温熱装置「HY-DEEP 600 WM」は、13.56 MHzの非電離放射線よる高周波(ラジオ波)システムが、患部をはさむ2つのアンテナから局所深部にエネルギーを送ることでジュール熱を発生させ、がん細胞をアポトーシスに導きます。

ジュール熱とは、電流が流れるとき途中に抵抗(この場合はがん)があると発生する熱です。
がん細胞は活発に働いているため、健康組織に比べてイオン濃度が非常に高い状態にあり、導電率が高くなっています。従って、熱エネルギーを加えることで、必然的にがん細胞周辺に電流が集まっていき、ジュール熱が発生しやすくなるのです。

がん細胞は42~43℃で死滅すると言われていますが、「HY-DEEP 600 WM」によるオンコ・ハイパーサーミアでは、この温度は1つの指標に過ぎません。それよりも患部がどれだけ熱エネルギーを吸収したかという「熱量」が、治療の重要な指標になります。

「HY-DEEP 600 WM」は、患部をはさむアンテナに独自のクーリングシステムが施され、皮膚表面に火傷をおこさぬよう工夫がされています。エネルギーは最大600ワットまで上げることができ、がんの場所や深さに合わせた治療が可能です。頭部を含めたほぼすべてのがんが適応となります。非観血で副作用がない治療です。

体内を過熱するとヒートショック蛋白によりがん抗原ががん細胞の表面に出るため、「ABeVax®-多価樹状細胞ワクチン」との併用で相乗効果をもたらします。

  • 樹状細胞ワクチンや化学療法、放射線療法との相性がよく、併用することで相乗効果を期待できます。
  • 局所的な痛みの軽減が期待できます。
  • 脳を含むあらゆるがんに治療できます。(血液のがんは除く)
  • 放射線療法とは違い、正常細胞への傷害性はないので、繰り返し行うことができます。
  • 腹水や胸水がある場合、患部付近に金属類の埋め込みがある場合は、ご使用できないことがあります。

バイオマット(全身温熱)

バイオマットアメジストは、体に悪影響を及ぼす電気的電磁波が出ないよう炭素カーボンが使用され、EMI電磁波遮断など4段階で阻止されています(FDAで安全性確認済み)。
また、長期間使用し続けると鉱物波動が人体波動・生体リズムを乱す、エネルギーを一定量一定方向で与え続けると体が慣れる…、などということが起こらないよう、様々な工夫がなされています。