営業時間 
月〜土8:30~17:15
(土曜は12:30まで)

文字サイズ
背景色

メニュー

ホーム > 手術・抗がん剤・放射線治療・がん遺伝子診断

手術・抗がん剤・放射線治療・がん遺伝子診断

遺伝子診断の結果をもとに最善の治療と組み合わせを提案いたします。

がん治療には、個別のケースにおいて優先すべき順番と、サポーティブ・テラピーやケアを含めて有効な組み合わせがあります。
相互作用を考えた治療スケジュールも重要です。
アベ・腫瘍内科・クリニックでは、一般的な検査に加えて、遺伝子診断、バイオマーカー、がん組織免疫染色等によって徹底的にがんの情報を分析収集し、緻密なアルゴリズムに基づいて治療戦略を組み立てます。
また、がんの情報のみならず、患者さまのライフスタイルや環境、人生観その他あらゆる情報をもとに治療を計画し、治療の準備や予後・転移・再発の予防を含めた治療の全体をコンサルティングいたします。

アベ・腫瘍内科・クリニックでは、主に「がん免疫細胞療法」とサポーティブ・テラピーやケアを行います。
手術や放射線治療が必要と判断される場合は、独自のドクターズネットワークを活用し、信頼できる専門医(実績ある医師個人)や医療機関をご紹介することが可能です。
また、現在他院で治療をされている場合には、担当医師と連携して治療をすすめることも可能です。

手術

「がん」の状態や臓器、患者さま自身の体力などの条件が揃えば、手術での切除を薦めることがあります。
信頼できる医師の紹介をしたり、現在担当されている医師と連携して治療を進めます。
すでに手術が決まっている場合もご相談ください。
アベ・腫瘍内科・クリニックでは手術と治療後の経過を良くする準備としての治療サポーティブケア、手術によって摘出されたがん組織の保管、転移や再発防止のための治療など、治療効果を最大限に高めるためのコンサルティングとサポートを行います。

抗がん剤治療(化学療法)

小細胞肺がん、膵臓がん、悪性リンパ腫他など、病状・病期により抗がん剤が有効な症例については、化学療法を薦めることがあります。当キャンサー・クリニックのドクターズネットワークを活用して、信頼できる医師を紹介したり、主治医がいらっしゃる場合はその医師と連携しながら進めていきます。
アベ・腫瘍内科・クリニックで抗がん剤を使用する場合は、低用量の抗がん剤を用いる休眠療法を行います。
遺伝子検査でドラッグレジスタンス(抗がん剤に対する耐性)を調べ、効果が期待できる抗がん剤を選定します。
また、効果増強や副作用軽減のためのサポーティブ・テラピーやケアを併用します。
がん免疫細胞療法と併用することで、抗がん剤の副作用を軽減し、同時に抗がん剤の治療効果を増強することが分かっています。
腫瘍温熱療法と併用することで、抗がん剤の治療を最大限に高めることも実証されています。

放射線治療

放射線治療は、がん組織に放射線を照射して死滅させる局所的な治療方法です。
放射線照射したがん細胞に限定的にはたらくため、再発や転移が心配される場合には全身的な治療(がん免疫細胞療法や抗がん剤)を併用した方が良いと考えます。
また、がん免疫細胞療法の効果を高めるために、放射線治療によってがんを弱らせておくことが望ましいケースもあります。
アベ・腫瘍内科・クリニックでは、個々のがん・個々の患者さまに合わせて治療戦略を立て、放射線治療の必要がある場合は、信頼できる専門医をご紹介いたします。
また、サポーティブ・テラピーなど、担当医師と連携しながら治療効果を最大化するためのサポートを行います。

個々の「がん」の特性を遺伝子レベルで把握し、効果的な治療計画と、転移・再発の早期発見・予防の根拠とします。

がんは正常な細胞の遺伝子が突然変異した悪性細胞です。正常な細胞ががんになる原因は細胞の中の「がん遺伝子」(がんになるアクセル)や「がん抑制遺伝子」(がんになるのを抑えるブレーキ)が故障することで起こります。
遺伝子診断により、どの遺伝子に変異や異常があるのかを知ることで、その遺伝子を修復するために効果的な薬剤や治療法を判断し、効果や副作用を予測することができます。
個人のがんの遺伝子レベルでの特性を根拠として、より効果が期待できる治療法を戦略立ててご提供することができるのです。
また、特定の遺伝子のメチル化が生じていると治療の予後が悪いと言うデータもあります。
予後までを見通して治療法を選択し、サポーティブ・テラピーやケアの計画を立てることが可能なのです。

治療効果の検証

アベ・腫瘍内科・クリニックは、遺伝子検査を治療前だけでなく、経過の検証のために活用しています。治療効果を具体的に把握し、その後の治療方針にフィードバックすることで、科学的・論理的に治療効果を高めます。

がんの早期発見

がんに関連する遺伝子を解析し、がんになるリスク(危険度)を診断することも可能です。
さらに、遺伝子の「メチル化解析」によって、どの遺伝子がこわれてがん細胞が発生しているかどうかを検討します。
がんは遺伝子に傷がついて起こる病気であると言われています。
患者さまの少量な血液から遺伝子を解析することで、がんになる前のリスクの度合いが確認できます。
すでにがんがある場合は、5mm以下のごく微細ながんや未病状態のがん病変のレベルでも評価ができるため、超早期発見によってがんの再発防止や発症の予防管理が行えます。

診断の流れ

  1. 1.ご説明(インフォームドコンセント)患者さまに遺伝子診断の内容やメリットを十分に説明いたします。
  2. 2.採血静脈から約20mlの採血をします。
  3. 3.検査・解析当クリニックの専用ラボで検査・解析します。
    専用ラボでは患者さまの氏名などの個人情報は暗号化され、個人の特定ができない状態で検査・解析します。
    採血から解析まで、厳重な管理体制のもと当院内で一貫して行うため、個人情報が外部に漏れることは一切ございません。
  4. 4.治療計画(パーソナライズド・メディシンの実践)がん細胞、がん遺伝子の状態に合わせて、戦略的な治療計画をご提案いたします。
    標準治療とがん免疫細胞療法、再生医療、ウクライン療法との組み合わせなど、安全性や効果が確認された複数の治療法を患者さまごとに個別に組み合わせ、より効果が期待できるがん治療をご提供いたします。